目に効果のある食事、食べ物とは?

目に効果のある食事、食べ物とは?

食生活を改善することは、老眼防止にとても効果的です。
一般的に眼に良いとされている栄養素には、ビタミンA、ビタミンC、ポリフェノール、カルシウムなどが挙げられますが、最近では「コンドロイチン」という栄養素が老眼に良いとされ、注目を集めています。
また、ブルーベリーは眼に良いとされている食べ物の代表格ですね。
ブルーベリーがなぜ眼に良いかというと、ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンという物質の効果のためです。
アントシアニンは、見た物を脳に伝達する役割を担っている網膜の感度を上昇させてくれるので、物の見え方の精度が上がる効果が期待できるのです。
また、アントシアニンは視神経の血流も良くなるといわれているので、ピントを合わせる力も改善されます。
このような栄養素を食事で摂ることが難しければ、サプリメントを上手に取り入れると良いでしょう。
ちなみに、このアントシアニンは、ブルーベリーよりもカシスにより多く含まれているそうですよ。
反対に、眼に悪いとされているのが、「糖類」や「油」です。
適量を摂取するだけならば問題ありませんが、過剰に摂取し過ぎると糖尿病や肥満などといった成人病の危険性も出てきます。
糖類ならば、砂糖やオリゴ糖、ブドウ糖に果糖、油ならば、ラードやバター、インスタント食品に含まれている油も危険です。
極力、減らす努力をするようにしましょう。
毎日の食事を改善することで老眼予防にもなり、また、健康促進にも繋がります。
最近、眼が疲れると感じてきたら、食生活から見直してみましょう。

関連ページ

毛様体筋を鍛えて老眼を防ぐ?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。