カメラインレーとは?

カメラインレーとは?

昔は治療方法がないと言われた老眼ですが、最近では様々な治療法が開発され、実際に国内でも施術が受けられるようになってきました。
その一つがカメラインレーという手術です。
老眼治療には、高周波を使って手術するCK治療法や眼の中にレンズを埋め込む眼内レンズ埋め込み手術などがありますが、カメラインレーも老眼治療手術の一つです。
眼の角膜にカメラインレーと呼ばれるものを埋め込む手術を行います。
カメラインレーとは、リングのような形をしたシートで、近視のレーシック手術の際に作成するフラップの下に挿入する形で埋め込まれます。
真ん中に穴の開いたリング状になっているため、近くのものが見えやすくなります。
視力回復センターなどに通ったことがある人は、小さな穴がたくさん開いたメガネのようなものを装着して過ごす訓練を受けたことがある人もいると思いますが、それと同じ理論です。
ピンホール効果によって、視力を回復させる効果があると言われています。
ですから、これによって老眼が治療できるというものではなく、自然と目の機能が訓練されると考えたほうが正しいかもしれません。
カメラインレーは、近視と老眼の両方を同時に解決できるレーシック手術として、世間から注目されている技術で、現在では国内でも手術を受けることができます。
これまで、近視で老眼の人がレーシックを受けると老眼鏡が必要になることも多かったのですが、カメラインレーの登場によって、乱視や遠視も矯正できるようになりました。

関連ページ

CK治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
モノビジョン治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
コンタクトや老眼鏡ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
老眼用レーザー手術ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。