モノビジョン治療とは?

モノビジョン治療とは?

近眼の人は老眼にならないとか、近眼の人が老眼になると普通の視力に戻るなどという話を信じている人も多いかもしれません。
ですが、それは間違った情報です。
近眼の人でも老眼になりますし、近眼の人が老眼になったら普通の視力になるというのも間違っています。
実際、近眼患者の多い先進国では、近眼でありながら老眼にも苦しむ人が大変多いのです。
そのような人達のために作られているのが遠近両用メガネです。
そして、そういう人達を対象にした治療法がモノビジョン治療になります。
モノビジョン治療では、片目だけ近視を治すレーシック手術を行ないます。
そうすることによって、片目で遠くを、片目で近くを見れる状態にするのです。
長年、近視に悩んできた人は、レーシックを行うことで老眼の症状が普通より強く感じられる傾向があると言われ、これを緩和するために取られる治療法です。
これによって、遠くも近くも矯正なしで見ることが出来るようになるのが大きな魅力でしょう。
ただ、両目の視力に大きな違いがあるというのは結構負担となるものです。
そのため、最初のうちは激しい目の疲れを感じたり、慣れるまでは激しい違和感を感じるようです。
中には、どうしても適応できないといったケースもあります。
物を立体的にとらえる能力も低下する傾向があると言われていますから、手術前にはよくドクターと話し合って決めましょう。

関連ページ

CK治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
カメラインレーとは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
コンタクトや老眼鏡ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
老眼用レーザー手術ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。