コンタクトや老眼鏡ってどう?

コンタクトや老眼鏡ってどう?

老眼鏡を愛用している方の中には、近くの物を見るためのメガネと遠くの物を見るためのメガネの二種類を持つ方もいます。
また、その二つの作用を一つのメガネにした遠近両用のメガネを使っている方も多いです。
単焦点のメガネはピントが合っていますので、長時間着用する場合に適していますよね。
しかし、遠近両用のメガネはレンズの視野が狭いと感じることがあります。
それに、遠・近の焦点が変わるところで画像が歪んで見えるといった欠点もあるのです。
長時間着用していると、目が疲れてしまうこともあるでしょう。
老眼鏡の他に、老眼用のコンタクトレンズもあり、近視用のコンタクトレンズと同様に、ハードタイプとソフトタイプの二種類があります。
ハードは、装着に違和感を感じる方も多いですよね。
しかも、ゴミなどが目に入った場合には痛みが伴います。
ソフトは、レンズに水分が含まれていますから、装着に違和感を感じる事は少ないです。
近視用コンタクトレンズを使ったことが無く、老眼用で初めてコンタクトレンズを使用する場合には、ソフトを使う方が良いかもしれませんね。
ただ、コンタクトレンズはハードでもソフトでも、毎日の手入れが必要になります。
ハードの方は、比較的手入れが簡単です。
でも、ソフトの方は、タンパク質除去を怠ると眼病になってしまうリスクもあります。
老眼になって初めてコンタクトを使ってみようとしても、手入れや装着の違和感が耐えられずに、老眼鏡にする方も少なくありません。
最近では、老眼鏡だとわからないくらいおしゃれな老眼鏡も多いですから、無理してコンタクトレンズを選ばなくても良いと思いますよ。

関連ページ

CK治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
カメラインレーとは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
モノビジョン治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
老眼用レーザー手術ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。