老眼用レーザー手術ってどう?

老眼用レーザー手術ってどう?

老眼になっても、レーシック手術、つまりレーザーを使った手術を受ける事が出来ます。
レーザーを使った老眼の手術には、二種類の方法があります。
まず、一つ目は「モノビジョンレーシック」という方法です。
これは、左右の目の見え方を変える手術になります。
右目で近くの物を見えやすくし、左目で遠い物を見えやすくするというものです。
左右で目の度数が変わるのですね。
この場合、目の使い分けにかなりの時間を要します。
一般的には、3ヶ月ほどの時間が掛かるという欠点があるのです。
また、片目で見るようになりますので、物の立体感を感じなくなってしまう場合もあります。
車を毎日運転する方や、細かい作業をする方には不向きな方法ですね。
二つ目は、「老視矯正レーシック」という方法です。
これは、レーザーで角膜を遠近両用の老眼コンタクトレンズのような形に変える手術になります。
角膜の中心部分は遠くの方を見えるように、角膜の周辺部は近くを見えるようにしていくのです。
その逆も出来ます。
この手術の場合、すぐに視力の回復が得られます。
手術をした直後から、視力が回復しているので、世界が変わって見えるかもしれませんね。

しかし、瞳孔の大きさによって、見え方が異なるという欠点もあります。
瞳孔が小さい方は、細かい文字を見る時などは、メガネが必要になる場合もあるでしょう。
このように、老眼になってもレーザー手術によって、メガネ無しでも生活出来るようになるのです。
有難いことですね。

関連ページ

CK治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
カメラインレーとは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
モノビジョン治療とは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
コンタクトや老眼鏡ってどう?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。