近視と老眼との関係性とは?

近視と老眼との関係性とは?

よく、老眼と遠視を混同して老眼は遠視になるのだと思っていたり、近視の人は老眼にならないから大丈夫なんて間違った話を鵜呑みにしている人を多く見かけます。
たぶん、それは、近視は近くはよく見えるけど遠くがよく見えない症状で、それに対して老眼は近くのものが見えにくくなる症状という考え方から来ているのだろうと思います。
確かに、老眼は近くのものが見えづらくなり、新聞や本の文字が見えづらくなったり、針に糸を通すのが難しくなるなど、手元の作業がやりづらくなる特徴があります。
では、老眼では近くのものが見えづらくなり、遠くのものがよく見えるようになるのか?と言うと、実は違います。
近くのものが見えづらいという点では、確かに老眼と遠視は同じなのですが、その要因は全く違います。
遠視は、目のピントを合わせる焦点がずれているために遠くにピントがあってしまい、近くが見えづらいという症状ですが、老眼は老化現象によりピント合わせ機能がうまく働かなくなる症状です。
ですから、遠視と近視は全く逆の症状の視力障害ですが、近視と老眼は逆の視力障害ではありません。
このため、遠視と近視が同時に発症することはありませんが、近視と老眼が同時に発症することはあるのです。
近視の人が老眼になると、これまでは眼から至近距離にあっていたピントが、少し遠くになるというだけです。
そのため、近視の人が老眼になって、メガネやコンタクトを外せば普通の視力になるというわけではないのです。