老眼用のコンタクトとは?

老眼用のコンタクトとは?

老眼用コンタクトはどうなのでしょう?老眼用コンタクトと言っても、そのほとんどは遠近両用コンタクトのことです。
メガネの上半分で遠くを、下半分で近くを見るために作られた老眼鏡と同じで、レンズの中の一部は遠くを、一部は近くを見るような構造になったコンタクトレンズになります。
これを使用する人の多くは、長年近視矯正にコンタクトレンズを使用してきた人で、コンタクトレンズの使用や扱い、メンテナンスに慣れていて、メガネに拒否感がある人が老眼を併発したときに強く望まれるようです。
レンズの中で遠近両用となっているので、上手に物を見れるようになるにはコツがいると言われており、誰でも快適に使えるというわけではないようです。
このため、テスト期間があるメーカーもあるようですし、どうしても馴染めず諦める人も案外多いと言われています。
近くを見れるようにする近用コンタクトというのもあるのですが、老眼になるまで視力矯正に縁のなかった人でコンタクトを求める人は少ないようです。
元々近視の人が老眼になると、近くも遠くも見えないというような状況になります。
それで、遠近両用のメガネやコンタクトを使うということになるのです。
でも、遠近両用のコンタクトは前述した通り、誰にでも適応できるわけではありません。
ですから、近視用のコンタクトを装着しながら老眼鏡を掛けるとか、遠視用のコンタクトを装着しながら近視用メガネや遠近両用メガネを併用するという人もいます。

関連ページ

老眼鏡の種類って?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。
老眼用の遠近両用眼内レンズとは?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。