疲れ目や眼精疲労が原因で老眼が進行する?

疲れ目や眼精疲労が原因で老眼が進行する?

一般的に老眼は、40歳を過ぎた頃から発症する現象だと思っている人が多いようですが、実は最近ではちょっと事情が違うようです。
最近では、10代や20代といった若い世代の人でも老眼と同じような症状を訴える現象が起きているのです。
その原因は、どうやら現代を取り巻く環境にあるようです。
私達は、毎日のように携帯電話やパソコン、ゲームといった物で眼を酷使しています。
今では小学生でさえ、自分は眼が疲れていると自覚する程です。
このような生活は、ピントを合わせる役割を担っている毛様体筋にかなりの負担となり、結果として若いうちから毛様体筋が衰え始め、若い世代の老眼の原因となってしまうのです。
つまり、疲れ目や眼精疲労を放っておくと、それが引き金となり、老眼の症状はどんどん進行して行ってしまうことになります。
携帯電話やパソコン、ゲームなどで眼を酷使した後は、特に眼が疲れやすく、重く感じたりしませんか?そのせいで、日常的に頭痛や肩こりが発生してはいませんか?これらの症状は、老眼の初期段階である可能性があります。
眼が疲れたと感じたら、すぐに眼を休ませてあげることで老眼の進行防止にも役立ちます。
具体的には、眼が疲れたと感じたら、とりあえず温めたタオルなどを眼の上に当てて眼を休ませてあげましょう。
タオルを外した後は、暫く眼の焦点が合わず、周りがかすんで見えますが、その状態こそが毛様体筋がリラックスしている証拠なのです。

関連ページ

ストレスが原因で老眼が進行する?
老眼は40代を過ぎた頃から発症すると思い込んでいませんか?かつてはそうだったかもしれませんが、最近は若年層でも老眼の症状が出る現象が起きています。眼を大切にするために、まずは情報収集から始めましょう。